明細書作成(機械)
ゼミ

「明細書作成ゼミ」では、発明案をベースに明細書作成までを行うことで、発明者へのヒアリングによる「発明の抽出」から「権利化範囲の検討」「クレーム作成」といった、明細書を作成するまでの具体的な手法を身に付けていきます。(全14回)

明細書作成(機械)
ゼミで学ぶ内容

STEP 1 発明の把握

  • 課題、解決手段の整理
  • 発明のカテゴリの決定

STEP 2 クレームの作成

  • 構成要素の整理
  • 権利化範囲の検討
  • メインクレーム、サブクレームの整理

STEP 3 明細書の作成

  • 記載内容の整理
  • 様式に沿った記載

演習内容の詳細

ゼミでは全部で 5 事例を扱います。1 事例目は 4 週間、2、3 事例目は 3 週間、4、5 事例目は 2 週間をかけて取り組みます。

ケーススタディでは、実際に裁判になった特許で、理解しやすいものを対象にします。事例の内容は機械分野であり、身近な製品、工業製品、メカトロなどが対象です。

ファシリテーター紹介

坂田 ゆかり

坂田 ゆかり

たつき国際特許事務所 代表弁理士 バード国際特許事務所 顧問弁理士

経歴

大学院卒業後、精密機器メーカーにて機構設計、要素開発等に従事。
その後特許事務所にて、デジタルカメラ、精密機器、医療機器、半導体製造装置等の特許明細書の作成及び権利化、意匠権利化、並びに係争関係の業務に携わる。

活動
  • 2017 年~ 日本弁理士会関東支部神奈川委員会 副委員長
  • 2018、2019 年 神奈川県立産業技術短期大学校講師
  • 2014、2016 年度 横浜市中小企業外国出願支援事業 審査員

その他詳細な経歴はこちら

ゼミ動画お試し視聴 (無料)

「お試し視聴」として、過去開催済みゼミの初回の動画を無料でご視聴いただけます。 お試し視聴対象のゼミの種類は、時期によって変更される場合があります。 希望される方は下記ボタンよりお申し込みください。

動画お試し視聴を申し込む

開講前ガイダンス動画

自主演習コース
(講評あり) を
申し込む

自主演習コースでは、ゼミの様子を録画した動画や資料を見ながら、ご自身のペースでゼミに取り組むことができます。 「講評あり」の場合、ゼミのやりとりに利用している Slack に参加いただき、そこでファシリテーターへの成果物の講評の依頼、 ファシリーテーターや他の受講生とのディスカッションなどが可能です。 また、Slack では他の受講生のやり取りの様子も確認し、参考にしたり刺激を受けたりすることができます。

購入費用:
77,000円(税込)

  • 購入を希望される方は「自主演習コースを購入する」からご購入ください。
  • 購入完了から 3日以内を目安に、ご案内のメールをお送りします。 メールに記載したリンクから、ゼミで利用している Slack に参加していただき、そこでファシリテーターとやり取りいただく形となります。
  • 動画の内容は、ファシリテーターが共有するゼミ講義中の画面の録画となります。 開講中のゼミでは、各回の動画を用意でき次第、その都度公開いたします。 ゼミの期間によって異なりますが、合計でおよそ18時間程の長さになります。
  • 「講評あり」コースの販売期間は、ゼミ終了日から 3ヶ月程度までを予定しております。 予告なく終了する可能性がございますので、ご了承ください。 リアルタイムゼミ開講終了から一定期間経過後、月間・または年間払いを選べる、 動画視聴・演習資料閲覧が可能なサブスクリプションコースを販売いたします。 サブスクリプションコースは講評なしとなりますので、講評サービスをご希望の場合は「講評追加」サービスをご購入ください。
  • リアルタイム受講の申し込み人数が開催最低数に満たない場合、 ゼミが開催されず講評ありサービスも販売できない場合がありますこと、あらかじめご了承ください。 なお、その場合は開催中止決定から一ヶ月以内を目処に、返金処理の手続きを取らせていただきます。 お急ぎの場合などは、お手数ですがお問い合わせフォームなどからご連絡ください。
  • 動画や Slack の活用方法については、動画活用チュートリアルページで詳しく解説していますので、ぜひご確認ください。

ご購入にあたり、知財塾サービス販売ストアのアカウント登録が必要となります。 サブスクリプションサービスの解約などに必要となりますので、お手数ですがご購入時に必要事項を入力し、ご登録をお願いいたします。 また、ご購入にあたって、領収書の発行をご希望の方や、アカウントを忘れてしまったがサブスクリプションサービスを解約したい場合、 その他お問い合せ事項がある場合は、お手数ですが FAQ/お問合せ ページのお問い合わせフォームよりご連絡ください。

商品を読み込み中です。状態が変わらない場合運営までご連絡ください。

サブスクリプションを
申し込む

サブスクリプションコースでは、ゼミの様子を録画した動画や資料を見ながら、ご自身のペースでゼミに取り組むことができます。 月間払いまたは年間払いで、リーズナブルな価格でご提供しておりますので、是非ご検討ください。 なお、サブスクリプションは「講評なし」となり、ファシリテーターへの講評の依頼はできませんので、ご了承ください。 ただし、講評提供期間中であれば、講評追加サービスを別途購入いただくことで、講評を受けることもできます。

詳細およびご購入は、サブスクリプション販売ページからご確認ください。
また、ゼミのやりとりに利用している Slack に参加いただき、 他の受講生のやり取りの様子も確認し、参考にしたり刺激を受けたりすることができます。 購入時にお送りするメールから Slack に参加することが可能ですので、ご検討ください。

ご購入にあたり、知財塾サービス販売ストアのアカウント登録が必要となります。 サブスクリプションサービスの解約などに必要となりますので、お手数ですがご購入時に必要事項を入力し、ご登録をお願いいたします。 また、ご購入にあたって、領収書の発行をご希望の方や、アカウントを忘れてしまったがサブスクリプションサービスを解約したい場合、 その他お問い合せ事項がある場合は、お手数ですが FAQ/お問合せ ページのお問い合わせフォームよりご連絡ください。

商品を読み込み中です。状態が変わらない場合運営までご連絡ください。

今期のリアルタイム受講の募集は
終了いたしました。

ゼミ開講をいち早く知りたい方は、以下のボタンからゼミ開講通知にお申し込みください。 自主演習コースは引き続き販売しておりますので、こちらもご検討ください。

ゼミ開講通知を申し込む

ゼミの受講を
申し込む

毎週決まった時間に、ゼミにリアルタイムで参加するコースです。 直接その場でファシリテーターに質問したり、他の受講生との意見交換などができます。

参加費用:
99,000円(税込)

  • リアルタイム受講では、まずお申し込みのみいただいております。この段階では受講料のお支払いは発生致しません。
  • 開催および参加確定後に、ゼミ開催日一週間前を目処に、お支払い情報をメールでお伝えします。メールの案内に従い、ゼミ開催日の前日までに受講料をお支払いください。
  • お支払い方法は、クレジットカード(VISA / Master / JCB / AMEX)、スマートフォン決済(LINE Pay)、コンビニ決済、ペイジー決済をご利用いただけます。
  • 受講を希望される方は、下記「受講を申し込む」よりご応募ください。
  • 本ゼミは、ビデオ会議ツール「Zoom」を用いてオンラインでご参加いただく形式となります。
  • 少人数のゼミ形式のため、応募者多数の場合は先着順となります。
  • 応募者多数の場合は締切前に申し込み受付を終了する場合がございます。 その場合でも自主演習コースは販売しておりますので、そちらもご検討ください。
  • リアルタイム受講の申し込み人数が開催最低数に満たない場合、 ゼミが開催されない場合がありますこと、あらかじめご了承ください。
  • ゼミの内容は録画され、ファシリテーターによる解説や講評のやりとり、受講生の方とのディスカッションの様子を自主演習コースなどで提供いたします。

以上ご了承の上、お申し込みいただくようお願いいたします。

開講日程

  • 1回: 2022/09/21 (水) 19:00-22:00
  • 2回: 2022/09/28 (水) 20:30-22:00
  • 3回: 2022/10/05 (水) 20:30-22:00
  • 4回: 2022/10/19 (水) 20:30-22:00
  • 5回: 2022/10/26 (水) 演習のみ
  • 6回: 2022/11/02 (水) 20:30-22:00
  • 7回: 2022/11/09 (水) 20:30-22:00
  • 8回: 2022/11/16 (水) 演習のみ
  • 9回: 2022/11/23 (水) 20:30-22:00
  • 10回: 2022/11/30 (水) 20:30-22:00
  • 11回: 2022/12/07 (水) 20:30-22:00
  • 12回: 2022/12/14 (水) 20:30-22:00
  • 13回: 2022/12/21 (水) 20:30-22:00
  • 14回: 2022/12/28 (水) 20:30-22:00

19:00 開始でない回の 19:00 から開始時刻までの時間は演習時間です。 Zoomにつないで、受講者同士でディスカッションすることもできます。